「ASIAN POPS MAGAZINE vol.102」

森永製菓、久光製薬、それぞれのCMに
関わられた担当の方に伺った話が載っています。

こちらも、
私の好きな部分を勝手に紹介しますね


まずは森永製菓から


―森永ビスケットのCMはとてもインパクトありますが、そもそもなぜ大野さんがイメージキャラクターに起用されたのでしょうか?

「2011年10月にビスケットの新しい製品を発表するというので、注目度の高いCMを作りたいという希望がまずあったんです。今まである”マリー””チョイス”シリーズの新しいラインアップということですけれど、従来のお客様の年齢が上がってきているので、若い方にもアピールできる方で、従来のお客様もイヤに思わない方。つまり幅広い人気を持つ方ということで嵐さんが浮上し、自然な流れで大野さんに決まりました」

―”怪物くん”等の特殊なキャラに入った大野さんを見て、新製品にピッタリだと判断されたのかと思ってました。倉重さんは大野さんにはどのようなイメージをお持ちでしたか?

「勉強不足なのですが、嵐さんのリーダーで、ほんのりした柔らかい感じの方だなという印象ですね。でも、代理店の方たちとの打ち合わせの中で、大野さんは実はメンバーで一番歌もダンスもうまくて、お芝居もすごい。アートの才能もあると聞いて、そうなんだと、そこで初めて認識した次第です(笑)」

 雰囲気だったんだ

 私はてっきり
 智くんの魅力を知った上での
 オファーだと思っていました。

 まだ知らない人いるんだね。

 じゃあ、皆が魅力分かったら
 スゴイことになる!?


次は久光製薬

―アレグラ人に扮した大野さんがとてもインパクトのあるCMですが、そもそもアレグラFXのCMキャラクターに大野さんを起用した理由を聞かせてください。

「・・・(省略)そこで企画コンテの段階で、アレグラ人という、違う星からやってきた星人が、鼻炎に悩む人々を助けるというキャラクター像が出来たんです。しかも一人だけでなく、仲間を従えてやってくる、リーダー的な存在。そのキャラクターにふさわしく、しかもメインターゲットである30代から40代の男女ともに人気があり好感度の高い人は誰かと熟考した結果、大野智さんが最適だろうということになったんです。実は調査の結果大野さんは30代、40代ばかりでなく、それ以外の層の男女にも人気が高く、特に注目度という点でも高いポイントでした」

 われわれ世代だけじゃなく(笑)
 幅広く人気あるんですね

 しかも”男女”っていうのが
 嬉しい!!
 

―大野さん自身に関してはどのようなイメージをお持ちでしたか?

「色々なお仕事で個性を発揮している方だなと。そういった大野さんのお仕事に接していくうちに、いつしか大野さんのファンになっているという感じですね。今回のTVCMに関しても、結果すべての要素を満たしてくれる方だったなぁと思っています」

 ホント!いつのまにか引き込まれちゃうんですよね
 皆一緒だね!?
 

―1月18日から「アレグラ人登場篇」がオンエアされていますが、反響はありましたか?

「反響は、すごいですよ。オンエアされた日からサイトでは動画をアップしたのですが、アクセスが一気に集中して、不具合が生じ動画が少し動きにくくなるほどでした。こんなことは過去経験したことがありません。改めて大野さんのパワーを思い知りました」

 これも嬉しい!!

 動きにくいどころか、
 動かなかったから!

 「大野智」のすごさを
 もっとたくさんの人に知って欲しいですね

 でも、自分だけが知ってる的なとこも
 持っていたい!

 複雑だ


 
ASIAN POPS MAGAZINE 102号
メディアパル
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ASIAN POPS MAGAZINE 102号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック